石鹸の仕組みと製造方法、それによる特徴の違いについて

スポンサーリンク

無添加石鹸の洗浄力や保湿力、泡立ちなど…
石鹸の個性は、原料の油脂で決まります。(油脂の種類については石鹸の原料油脂(オイル)の種類と特徴を参照ください)

この記事では石鹸がどのようにできるのか、製造方法によって石鹸にどう影響するのかをお伝えします。

同じように見える石鹸でもまったく質の違うものになるので面白いですよ。ちょっと小難しいですがざっくりと読み進めてくださいね。

 

スポンサーリンク

石鹸は油脂とアルカリ。特性は油脂で決まる

石鹸のつくられ方

石鹸は、「油脂(オイル)とアルカリ」の化合物です。これが基本。

  • 石鹸=油脂+アルカリ(水酸化ナトリウム・カリウム)

石鹸づくりのアルカリはほとんど水酸化ナトリウム・カリウムが使われます。
水酸化ナトリウムだと固形石鹸、水酸化カリウムだと液体石鹸になります。

苛性ソーダ、苛性カリも呼び方が違うだけで同じものです。

アルカリと反応させてつくるので、当然できあがった石鹸は弱アルカリ性になります。

アルカリは石鹸の保湿性や固さなどには関係しないので、油脂(オイル)の性質が石鹸の性質を左右するということになります。

石鹸は弱アルカリ性ですが、人の肌は皮脂や汗で自動的に弱酸性になるのでほとんど問題ありません。温泉の泉質が弱アルカリ性ですべすべ、なんて場所も多いですよね。

 

油脂に含まれる脂肪酸・グリセリン・不けん化物が大事

油脂は脂肪酸、グリセリン、不けん化物

石鹸の個性を決めるのは油脂。

その油脂の大事なものが、脂肪酸、グリセリン、不けん化物です。

  • 油脂=脂肪酸+グリセリン+不けん化物

脂肪酸

油脂の性質のほとんどを決めると言ってもいいのが脂肪酸。

オレイン酸、リノレン酸などは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

多数ある脂肪酸のうち、なにをどのくらいの割合で含んでいるかで性質が変わります。

オリーブオイルはオレイン酸が豊富でしっとりした使い心地に。
ココナッツオイルはカプリル酸・カプリン酸の効果で泡立ちが良く、牛脂やラードはパルミチン酸により溶けにくいですが洗浄力が出ます。

このように、脂肪酸は石鹸の使い心地に直接的に関わってきます。

脂肪酸をもっと詳しく知るにはこちら

グリセリン

脂肪酸とくっついいて油脂を構成しているのがグリセリンです。

グリセリンは乳液や保湿剤に含まれているのでイメージも湧きやすいかと思います、そのとおりの保湿成分です。

周囲の水分をひきつける性質があるので、べたつかず自然な保湿ができます。

油脂にもともとあるものなので、通常は石鹸にしても残っています。(例外は製造方法の項目で)

グリセリンの入った石鹸は柔らかめで、洗い上がりがしっとりしているのが特徴です。

不けん化物

油脂の中には微量ながら石鹸にならない成分(鹸化されない、不けん化物)があります。

ビタミンやミネラル、保湿成分などで、これらも石鹸の個性になります。

油脂の種類や精製・未精製によって量は変わります。
一般的に原料成分が多く残っているもの(精製度の低いもの)に多く含まれています。

たとえばオリーブオイルではスクワレンという皮膚の成分のひとつやトコフェロールというビタミンEがあり、他の油脂も独自の微量成分を持っています。

石鹸づくりの過程で残る成分ということですね。
肌にうれしい効果を期待できるので洗顔、浴用石鹸に向いています。

 

なお、製造方法によってグリセリン・不けん化物は石鹸になったときに含まれるものとそうでないものがあります。

 

石鹸の製造方法:鹸化法と中和法

石鹸の製造方法

石鹸の製造方法は大別して2つ。

鹸化法

油脂+アルカリで反応させる「鹸化法」
石鹸メーカーがいう「釜炊き」や手づくり石鹸の「コールドプロセス」はこちらに入ります。

油脂全体で石鹸をつくるので、グリセリンや不けん化物が残ります。

  • 釜炊き法(ホットプロセス):熱しながら油脂とアルカリを反応させる。鹸化が早く大量生産向き。不けん化物が熱変性するかも。塩析法で純石鹸分のみを取り出すことがある
  • コールドプロセス:低温(といっても40℃前後)で反応させる。鹸化に時間がかかる。不けん化物を多く残せる。

中和法

もう一つは脂肪酸+アルカリで反応させる「中和法」
おもにメーカーが商品製造するときに使われる製法。

油脂から脂肪酸だけを取り出してから石鹸にするため、グリセリン、不けん化物は含みません。

塩析について

鹸化法はさらに「塩析」という方法をとる場合があります。

石鹸は高濃度の塩とまざると、純石鹸分とその他に分離する性質があります。
これれを利用して純石鹸分を取り出すのです。

あえてグリセリンや不けん化物を取り除くことで不純物がなく洗浄力の高い石鹸になります。

ちなみに、塩析をしないままの釜炊きは炊き込み法ともいわれます。

より不けん化物残る順に並べると
コールドプロセス>窯焚き法>窯焚き法(塩析)=中和法
となります。

 

石鹸の製造方法2:枠練りと機械練り

石鹸のつくりかたにはもう一つの見方があります。

それは石鹸のカタチ自体をどのようにしてつくるか?ということ。

手法はこれも2つ。「枠練り」「機械練り」です。

枠練り

枠練りは釜炊き・コールドプロセスでできたドロドロ状態の石鹸素地(ニートソープ)を型枠に流し入れ、冷やし固めてから石鹸のカタチに切り分ける方法。

ゆっくり固めるので時間はかかりますが、美容成分などの不けん化物を残したまま石鹸ができます。(塩析した場合を除く)

また、時間をかけて乾燥させるので石鹸の結晶がしっかりし、溶け崩れにくくなります。

手間がかかり一度に多くつくれないため、商品価格は少しお高いのが普通です。

機械練り

最初から最後までを機械でつくる大量生産向きの製法。

石鹸素地(ニートソープ)をチップ状にし、練り混ぜ、押出し機で棒状に押し出してからカット・型打ちします。

不けん化物が多いと固まらないので純度の高い石鹸を使います。まぜる段階で香料やその他成分を入れることもあります。

一度に大量につくれるため、価格はお安いです。

製造方法は一長一短ですね。

枠練りはピュアな美容向きで、機械練りは洗浄力のある手軽なもの…という感覚でしょうか。

 

その他の石鹸のつくりかた

鹸化、中和、釜焚き、コールドプロセス…このあたりがよく耳にする単語。

そのほかにも石鹸をつくる方法がありますのでご紹介します。

MP法

MPソープ [グリセリンソープ] クリア SLSフリー

Melt & Pour(溶かして流す)という意味の製法。

石鹸素地を加熱して溶かし、それを型に流して固めるという単純な方法です。チョコレートづくりに似ていますね。

MP法用のグリセリンソープ(透明石鹸)なども販売されており、初心者向けの手づくり石鹸としても有用です。

石鹸の使用感や特徴は「どんな石鹸素地なのか」で各商品違います。合成界面活性剤やキレート剤が入っているものもあるので、購入前に確認するとよいでしょう。

実際につくった記事はこちら↓

リバッチ法

基本的には手づくり石鹸のやり直し、再利用のために用いられます。製造方法とはちょっと違いますね。

石鹸素地(配合を間違ったもの、余ったもの、色や香りを足したいもの…など)を水に溶かして加熱、再度まぜあわせて水分を飛ばして型入れします。

すでに出来上がった石鹸から色や香りをつけられるので、オリジナル石鹸づくりにも向いています。

 

美容ならコールドプロセス・釜炊き!

保湿性や肌へのやさしさなら、コールドプロセスか釜炊き法の石鹸が向いています。

天然の保湿成分であるグリセリンや不けん化物が残っており、美容に気をつかうかたにぴったりです。

ただ、不けん化物の有無については考え方によります。

塩析をして石鹸の純度を高めたほうが、より刺激の原因を減らせるのでは…とも。お好みですね。

なお、市販の石鹸は塩析済みであることが多いようです。

当サイトおすすめはガミラシークレット(釜焚き・塩析)。塩析しつつもハーブやオイルへこだわって、独自の使用感をつくり出しています。

 

洗浄力とコスパなら機械練り!

洗浄力や低価格を求めるなら機械練りのお手軽な石鹸がよいでしょう。

衣類や靴などの掃除洗濯などにはもってこいです。

また、細かく切ってリバッチ法でお好みの石鹸につくり直すのも向いていそうです。

純石けん分98%、など書いてある商品が該当します。

 

原材料と製造方法を知って、求める石鹸と出会おう

無添加石鹸だからこそ、原料の違いが大切です。

そして製造方法でも使用感の違いは出てきます。

完璧に覚える必要はないかもしれませんが、知っておくことで選択の幅が広がりますよ。

 

どれが良い・悪いでなく、石鹸になにを求めるのかでつくり方が変わってきます。

石鹸を知って賢く選びましょう!